久しぶりに弾きたい曲に出会い楽譜をネットでゲット🎶
弾いてみた🎹
たまにはピアノを弾く時間を作りたくなった✨

20171117223948a56.jpg



今年のたまプラーザのクリスマスツリー✨🎄✨
改札口のツリーツリー✨🎄✨

20171117224119d51.jpg

百貨店の中のツリー✨🎄✨

201711172242398bd.jpg

今年はディズニーで統一みたい
夜には駅前はイルミネーションで彩られる

本当に平和な世界だ❗




スポンサーサイト
 2017_11_17



我が家の14歳11カ月のパヨン
犬も人間と同じ
ただいま介護、真っ最中

パヨンはほとんど目はみえない
足腰はヨタヨタ
少し脳に障害があるのかクルクルまわってばかり

一日寝ていたかと思うと夜中に起きてヨタヨタ歩き回る

_20171115_202052.jpg


泣きたくなるのが夜中の排尿と排便(;_;)
シートで出来るのが50%、
そそうをしてしまうのが50%


パヨンが夜中に起きると私も起きて
シートのところまで誘導する

でも気づかなくて失敗することも・・・
夜中の掃除はきつい・・・・゚・(つД`)・゚・

ひどい時は排尿中に滑って体全体がおしっ〇まみれ・・・((((;゚Д゚)))))))

なので我が家の必需品

_20171115_202144.jpg


思い出してみると
今年の初めはまだ階段が登れた
今は階段から落ちてしまうので
2階に連れてきたときはゲートもするようになった

まだまだ食欲あり(o‘∀‘o)*:◦♪
排尿排便も自分でできている
でも食事の量は同じだけど
体に張りがない・・・


夜中の介護は辛いけれど
介護できるのが幸せと思っている
あと1年くらいは介護できるとおもっている
おもいっきり介護したいと思う

来月で15歳
病気ばかりしていたけれど
10歳まで生きればいいな~とおもっていたけれど
来月15歳になる


この写真は起きながら寝ている写真

いつもパヨンの表情に癒されている

_20171115_201856.jpg

 2017_11_16



大地の力強さ
大陸を吹き抜ける風や滝の水しぶき、
鳥の羽ばたき、動物達の声
子ども達が大地を走り回る足音
子ども達の無邪気な笑い声
平和な世界
なにも心配のない平和な世界
愛に包まれた世界
暖かい太陽の光

激動の地球の音と
新しい新生地球の音
満開の花に包まれた地球

未来に続く子ども達の笑顔と笑い声
愛に包まれ
平和に満ちたハーモニー

5つの大曲が交わり
壮大な6つ目のコンチェルト
愛と優しさと強さに満ちた
平和へのハーモニー

https://www.youtube.com/watch?v=34l3C3KX9ZI

stockfoto_10916314_M - コピー






 2017_11_14



先日、用事があり大桟橋にいってきた。
そしたら、なんと!
飛鳥とダイアモンドプリンセスが停泊中~
今、思うとすごいシンクロ~
飛鳥は夏のゲルニカのイベントで飛鳥の煙突に色を塗ったばかり
ダイアモンドプリンセスはその船の社長さんと2回ほどお会いし
「乗ってみたいな~」と思っていた船。
夏以降の出来事なのに
大桟橋には年に一度行くか行かないかなのに
両方の船を見ることが出来るなんで

そして船でのイベントも夢の構想の一つ
こんなにシンクロが起こるなんで
もしかして夢も叶うのかな~
そんな気持になってしまいます

今まで船にはあまり興味がなかったけれど
近くで見るとすごっく素敵
その場で夢の世界に連れて行ってもらえそう
お安い乗り方も教えてもらったので
きっと来年は乗船するんだろうな~

飛鳥
_20171110_194002.jpg


大桟橋からの夕暮れ
_20171110_194225.jpg


ダイアモンドプリンセス
_20171110_194123.jpg


そしてもう一つの新しい夢
全くのセロ地点だけど私の夢
アイスコーヒーでpeace
FB_IMG_1510210180424.jpg



そして先日ご案内をさせていただきましたエクマットラのファンディングは
3日間で360万円がご寄附され達成しました!!!
私もいつも以上の金額をご寄附させていただきました
そんな気持になってしまいます
これからはセカンドステージ
610万円を目指します。
現在は523万円
1000万円くらいいきそうな勢い
すごいな~
でも大樹さんがしていることは本当にすごいのです
本当にすごい!!!
感動するくらいすごいです!!!

https://readyfor.jp/projects/ekmattra55

私は2年後にはエクマットラの子ども達と交流できることを信じています。



 2017_11_12



是非、お読みください!
ご協力をお願いします!!!

==============
★人生をかけたクラウドファンディング、今始まりました★

皆さん、こんにちは。エクマットラの渡辺大樹です。
今日は皆様に大事なご連絡、ご報告、そしてお願いをさせて頂きたいと思っています。

少し長くなってしまいますが、心を込めて真剣にお伝えさせて頂きます。

3~4分ほど、皆様の大切なお時間を頂いてしますが、私の人生をかけての取り組みですので、どうかお読み頂けたらと思います。

【私の原体験】

大学時代にタイを訪れ、そのスラムで少年と目が合った瞬間の稲妻のような衝撃。
それが今も忘れることのできない私の原体験です。

「自分は誰にも負けない努力をしたわけではない。」
「彼は怠けて、チャンスを放棄して、ここに落ちぶれたわけではない。」
「たまたま日本の普通の家庭に生まれた自分」
「たまたまスラムに生まれた彼」

そのいいようのない衝撃と憤りと悔しさと無力感。
そうした感情に、拭い去ることのできない想念に、突き動かされて日本を飛び出し、バングラデシュに渡ったのが2002年のこと。

【バングラデシュに渡って】

当時のバングラデシュは今以上に経済的そして社会的格差が著しく、はたから見ていても絶望的になるほど、その格差は圧倒的でした。

ダッカ大学で出会った仲間たちは、それぞれがバングラデシュの国内に内在する問題に目を向け、本気で人々から見捨てられている問題を解決しようともがき、どうやったらこの不条理な社会を変えていけるのか、毎日毎晩ダッカ大学の構内で議論激論を交わしている、そんなアツい、アツすぎる仲間たちでした。

本気でベンガル語を学び、バングラデシュと真正面から向き合い、バングラデシュにどっぷり浸かる覚悟をもっていた私。

同じ熱量で、同じ方向を見ていた私たちは、ごく当たり前のように仲間となり、同志となり、‘皆が共有できる一本の線’を社会に築きたいという願い、想いから活動に

「エクマットラ(ベンガル語で″一本の線”という意味)」

という名前を付け、‘気が遠くなるほどの格差’という大海原に船出をしていきました。2003年のことでした。

私たちの活動は大きく二つ。
ストリートチルドレンの中でも、社会で最も抑圧され、全く機会も与えられない存在であり、アイデンティティを持たず、危険と隣り合わせに生活する子ども達に対して教育・機会・情報・スキルを提供し、彼らの状況を少しでも改善していく支援活動。

二つ目は、社会の裕福層の人々に対して、社会に内在する問題に気づいてもらい、自らの行動を改めるきっかけとしてもらうため、映画製作と上映を通じた啓発活動。

この二つを通じて社会に一本の線を架けたい。
格差や偏見にあふれる社会のタブーを一つずつ壊して皆が共有できる一本の線を描きたい。

バングラデシュに渡ってから15年、活動を始めてからは14年。私たちは、この想いを持ち続け、活動を進めてまいりました。

信じられないくらいの喜びや成果を挙げ、大きな手応えを感じたかと思うと、すぐに訪れる、これほどまでかという試練の連続。文字通り紆余曲折の15年間でした。

青空教室、そして、チルドレンホームの運営を通じて、常にストリートチルドレンの皆にはこちらの勝手な期待をいつも良い意味で裏切られ続けてきました。

発表会で数百人の観客の心に火をつけ、大喝采を浴びて自分の可能性を実感してくれた子ども達。

新しい子が入所する際に、自分の入所時の感情を思い出し自分たちで歓迎会を企画し、どれだけ歓迎しているかを伝えようとする子ども達。

正直いじめられるかなと思いながら、彼らを一般の学校に送り出した日、「学級委員長に選ばれた!」と嬉しそうに帰ってきた子ども達。

親を亡くし、ふさぎ込んでいる仲間の顔に笑顔が戻るまで皆で支え合う子ども達。

彼らに背中を押され続けたこの15年間でした。

【新たな挑戦~エクマットラアカデミー建設】

15年経った今、私たちは一つの挑戦をしています。それは「エクマットラアカデミー」の開校です。
https://readyfor.jp/projects/ekmattra55


エクマットラアカデミーは、大自然の中の広大なキャンパスで最大200名が生活でき、高等教育と並行し、デザイン・演劇・映像音響技術・実践英語・IT等の高度専門機能と人間力を磨く場。自主自立した人間として生きていくための心・知恵・技を習得し、ストリートチルドレンの大逆転を描く未来の学校です。

青空教室、チルドレンホームに続く、最終ステップであるこのアカデミー。2005年から構想を温め続け、困難に困難を重ねやっと手に入れた3.5エーカーの土地。2008年に土地を購入してから、現地著名建築家や大手現地銀行財団の全面的な支援を取り付けることができ、2011年に夢のアカデミーの建設に取り掛かりました。

そこからが、今までの困難に輪をかけて、かつて経験したことのないような苦難の連続でした。

我々が支払った建設資金を別の工事に回し、全く工事を進めない建設業者。そこから起こる資金トラブル。

裁判をちらつかせながら解約にこぎつけるが、新しい業者が全く見つからない。

その間、資材の高騰とデザインの修正を余儀なくされる。

更に見積もり金額の大幅な変更の発生など。

工事を進ませど進ませど、一向に減らない工事残金。砂漠に水を撒いているかのような錯覚に陥ったこと、そして途中で建設を投げ出したくなったことも一度や二度ではありませんでした。

常に頭の中には「ネバーエンディングストーリー」という単語が流れ続ける日々。しかし、ここでも私たちの背中を押してくれたのは子ども達でした。

路上で物乞いや、物売り、紙屑拾いなどをしていた、全く読み書きのできなかった子どもも10年という短期で、6名が大学生となったのです。

‘路上から大学生が誕生!’
‘路上から次世代のロールモデルが!’

と現地のメディアでも大きな出来事として取り上げてくれました。

大きなハンデを持ちながらも、一つ一つ乗り越え、大きな前例を社会に示してくれた彼らの姿から大きな学びと刺激をもらい、こうした前例をより社会に生み出すべく、歯を食いしばりながらでももう一度アカデミー開校に向けて進めたいと、もう一度原点に立ち戻らせてくれました。

そして開校まであと一歩のところまでこぎつけることができました。

ストリートチルドレンが大学生になり、人間力あふれるロールモデルになることで、次の社会に強烈なインパクトとメッセージを与えられると信じています。

このアカデミーでは人間教育を徹底的に行い、小手先の教育や技術の習得ではない‘ホンモノの人間’を輩出していきます。

大自然の中での教育と、富裕層の子ども達でも通いたくなるほどの設備と環境。 
国内外の各界の第一人者が常に集い、その人たちの背中を見て育つことのできる場。

こうした環境の中で、次世代の子ども達が夢を見て、目指せるようなロールモデルを生み出すことで、社会に、そして世界に、

「どんな環境で生まれようと、自分次第で自己実現できる社会」

というメッセージを掲げることができると考えています。

【海外の援助に依存しない】

私たちは、団体設立以来一つのポリシーを持って活動を運営してきました。それは「海外からの資金に依存しない」ということでした。

我々は一つの反骨心からこのエクマットラを運営してきました。それは既存の助成金依存の団体運営に対してです。

できるだけバングラデシュの人々の意識を、社会問題に向けさせ、バングラデシュ国内でお金を集めたい。

そして事業を行い、団体自らの事業収益源を持ち、継続的な活動を運営できる体制づくりを作りたい。そう考え、活動を運営してきました。
ですから、団体設立以来、約6年に渡り、日本からの寄付も基本的にお断りしてきました。

これからもこのポリシーを大切に、自己収益とバングラデシュ国内から生み出す資金を持ち、寄付に依存せず運営できる体制は続けていきます。このアカデミーも8割以上の建設を、事業収益と現地からの支援で賄ってきました。

バングラデシュでできることは全て行ってきました。
そしてあと一歩で完成というところまでこぎつけることができたのです。

今回、初めて日本でクラウドファンディングを実施し、初めて日本の皆様に支援のお願いをさせて頂きます。ぜひとも最後の一押しを日本の皆様にご協力頂き、人間力あふれる次世代のロールモデルを生み出すアカデミーを完成させてください。

〇クラウドファンディングページ〇
https://readyfor.jp/projects/ekmattra55

【世界って変えられると思う。】

「同情」ではなく「共感」から、
「限界」ではなく「可能性」を知って頂き、
「過去への悲しさ」ではなく「未来へのワクワク」を感じて頂き、皆様から熱いサポートを頂きたく願っています。

皆様の支援によって完成するアカデミー。
そこで生まれる‘人間力あふれるロールモデル’達が、エクマットラの団体と活動を引き継ぎ、彼ら自身が次の世代のロールモデルを輩出していく、そんな持続可能なサイクルが完成するのです。

そしてそれが世界を変えていくさざ波となるのです。

一緒に第一歩を踏み出しましょう。
世界を変えていく第一歩を。

エクマットラ共同代表
渡辺大樹
---------------------------------------------------------
クラウドファンディングサイト、想いを込めて、人生をかけて、そして未来へのワクワクを胸に、大切に作りました。
ぜひ読んで下さい。
https://readyfor.jp/projects/ekmattra55



1471080020129.jpg

エクマットラのこどもたち



今回は交流祭にお呼びすることができませんでしたが
いつか、いつか、エクマットラの子ども達と交流したいと考えています。

1479211481666.jpg




 2017_11_06




10  « 2017_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

office tomo

Author:office tomo
音楽を通して世界が平和になるために世界の子ども達を繋げて「平和ネットワーク」を作る活動をしています。子ども達が繋がることは国と国が繋がること。子ども達の笑顔が平和な世界に繋がります。
詳しくはホームページをご覧ください。
http://www.bizpark-jp.net/office-tomo

カテゴリ

Flash Piano

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード




.