「ひび割れ壷」の物語

Category: 未分類  

「ひび割れ壷」の物語

インドのある水汲み人足は二つの壷を持っていました。

天秤棒の端にそれぞれの壷を下げ、首の後ろで天秤棒を左右にかけて、
彼は水を運びます。

その壷の一つにはひびが入っています。

もう一つの完璧な壷が、小川からご主人様の家まで一滴の水もこぼ
さないのにひび割れ壷は人足が水をいっぱい入れてくれても、ご主
人様の家に着く頃は半分になっているのです。

完璧な壷は、いつも自分を誇りに思っていました。

何故なら、彼が作られたその本来の目的を、彼は常に達成する事が
出来たからです。

そして、ひび割れ壷はいつも自分を恥じていました。

何故なら、彼は半分しか達成する事が出来なかったからです。

二年が過ぎ、すっかり惨めになっていたひび割れ壷は、ある日、
川のほとりで水汲み人足に話しかけました。

「私は自分が恥ずかしい。そして、あなたにすまないと思っている。」

「何故そんな風に思うの?」水汲み人足は言いました。

「何を恥じてるの?」

「この二年間、私はこのひびのせいで、あなたのご主人様の家まで
 水を半分しか運べなかった。水が漏れてしまうから、あなたがどん
 なに努力をしても、その努力が報われることがない。私はそれが辛
 いんだ。」壷は言いました。

水汲み人足は、ひび割れ壷を気の毒に思い、そして言いました。

「これからご主人様の家に帰る途中、道端に咲いてるきれいな花を
 見てごらん。」

天秤棒にぶら下げられて丘を登っていく時、ひび割れ壷はお日様に
照らされ美しく咲き誇る道端の花に気付きました。

花は本当に美しく、壷はちょっと元気になった気がしましたが、
ご主人様の家につく頃には、また水を半分漏らしてしまった自分を恥じて、
水汲み人足に謝りました。

すると彼は言ったのです。

「道端の花に気付いたかい?花が君の側にしか咲いていないのに気付い
 たかい。僕は君から零れ落ちる水に気付いて、君が通る側に花の種を
 まいたんだ。そして君は毎日、僕たが小川から帰る時に水をまいてくれた。
 この二年間、僕はご主人様の食卓に花を欠かした事がない。
 君があるがままの君じゃなかったら、ご主人様はこの美しさで家を飾る
 ことは出来なかったんだよ。」

       (作者不詳 菅原裕子訳)

私達は皆、それぞれユニークなひび割れを持っています。私達は皆、
ひび割れ壷なのです。あなたのひび割れを恐れてはいけません。私
達の弱みは、そのまま強みであることを忘れないでください。私達
は子供達の為にどんな花の種をまけるでしょう。そのひび割れを責
めるかわりに・・・。


スポンサーサイト

 2010_12_14


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


07  « 2017_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

office tomo

Author:office tomo
音楽を通して世界が平和になるために世界の子ども達を繋げて「平和ネットワーク」を作る活動をしています。子ども達が繋がることは国と国が繋がること。子ども達の笑顔が平和な世界に繋がります。
詳しくはホームページをご覧ください。
http://www.bizpark-jp.net/office-tomo

カテゴリ

Flash Piano

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード




.