傾聴、共感、承認

Category: 未分類  

子供の大学の新生活が始まりました。

子供は小学校からの一貫教育の学校に通っていたため
念願の新しい校舎、新しい友達、新しい通学路、私服、大学生という
自由な生活が始まりました。

そして喜びや自由の中にも不安を感じながら友達作りにも頑張っています。

でも今朝、子供は新しく友達になった人と待ち合わせをしてしていたようで
その友人が来なく駅で30分ほど待っていました。

待っている間に「寒い中、待っている。友人にメールしたら
私が悪いみたいなメールが友人からきた。
意味わかんないし、むかつく」と愚痴メールがきました。

そんな時、1か月前の私だったら
「もう待っていないで先に学校に行ったら」とか
「時間をしっかり確認したの」とメールを返信したと思います。

でもそんなこと大学生の子供は百も承知。
そんな返信がほしいのではない。

早起きして寒い中、改札口でまっていること。
自分は時間通りに来たのに相手が来ていない怒りの気持ちがあること。
仲良しになれると思っていたのに不安な気持ちがおこったこと。

そんな気持ちを理解してほしいから
きっとメールがきたと思いました。

そこで一回書いたメールを消し
「寒いよね~折角早起きしたのにね~」とメールを返信しました。

そしたら「もう先に行く」とメールがきました。

今日は学校でその友人と会ってどうするのかしら~???
話し合えるのかしら?
イライラが解消するのかしら?
性格が合わないと思うのかしら?
もう無理と感じるのかしら?

どうするのかしら?

そしてそのことを親に話してくれるのかしら?

もし話してくれたらコーチングの基本の傾聴をして共感、承認を意識してみよう!





スポンサーサイト

 2012_04_06


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


07  « 2017_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

office tomo

Author:office tomo
音楽を通して世界が平和になるために世界の子ども達を繋げて「平和ネットワーク」を作る活動をしています。子ども達が繋がることは国と国が繋がること。子ども達の笑顔が平和な世界に繋がります。
詳しくはホームページをご覧ください。
http://www.bizpark-jp.net/office-tomo

カテゴリ

Flash Piano

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード




.